伐採を専門業者に依頼する【ガーデンビフォーアフター】

園芸用品

安全に使える

農業道具

以前のものに比べ

草刈り機は、一般の方からプロの方まで幅広く使われています。数ある農業機械の中でも、最も一般的と言えるでしょう。しかし、誤った使い方をしてはいけません。また、草刈り機を買うときは、安全性の高いものを選ぶようにしましょう。 現在の草刈り機は、以前のものに比べ安全性が高くなっています。少し前まで固定式のスロットルレバーが主流でした。しかし、これだと転倒したときも刃の回転が落ちず、負傷事故につながる可能性が高かったのです。 そう言うこともあって、今の草刈り機はハンドルから片手を離すと、動力が遮断されるようになっています。これのおかげで。草刈り機の安全性は飛躍的に向上しました。負傷事故の件数も減少しています。

安全鑑定基準を上回る

草刈り機には安全鑑定基準があり、当然それに適合していないものは認められません。一方で、最近は安全鑑定基準を上回る水準の安全装置を装備した草刈り機もあります。 その草刈り機の特徴として挙げられるのが、スロットルレバーから手を離すと刃にブレーキがかかると言うものです。以前のスロットルレバーは固定式だったため、危険性が指摘されていました。しかし、スロットルレバーが固定式ではなくなり、一般の方でも安全に扱えるようになっています。 また、転倒したときやキックバック時の衝撃を、加速度センサーで感知し自動的にエンジンを停止させるもの登場しました。これからも、草刈り機はどんどん性能や安全性が向上していくでしょう。